ヌル's site

誰かのお役に立つ情報。

ADHDと過眠症の日記 #10 障害年金の申請を考える

スポンサーリンク

こんにちは。
相変わらず体調はひどく日中は起き上がれません。今日は3週間ぶりの通院日でした。

www.null3-blog.com

お金がない

このブログをお読みになっている方や私のツイートを見ている方は耳タコかもしれませんが、未だに働けず就労支援にも行けずという状況が続いているせいでお金がありません。食欲が無いので食費は浮いていますが生きていくだけで色んなお金がかかります。仮に、PTSDが多少良くなって電車にも乗ることが出来て、就労支援に行けるような体調になったとしても交通費が無いのには変わりありません。今日生きるお金も、明日生きるお金も無いので、先日ボロボロの状態で役所に行ってきました。

そうしたら障害年金の申請を勧められました。私が障害年金・・・。私よりもっと必要な人が居るのでは...というか私なんかで支給されるのか...国民年金だから2級以上じゃないと無理だし...私ってそんなに重い?うーん...。なんて思いました。

真面目な話、障害年金の申請って初診から1年半経ってからでは?と思いましたが数年前、うつ病で別の病院の精神科にしばらくかかっていたのでそこを初診日に使えるそうです。今は発達障害ということでかかっていますがうつ病の時の通院は二次障害だったと考えるとのこと。初診の病院は20歳以前にかかっているので国民年金の支払い要件も無しです。(今は一応、通信制の大学生という身分なので学生特例で年金を猶予してもらっているのでどっちにしろ未払い期間は無いのですが)

大学1年か2年のときに精神保健福祉か何かの科目で障害年金の申請手順をテキストでざっくりと知っていましたが、当時「障害年金を必要としている人にはしんどい」と思ったのを思い出しました。当時まさか自分が障害年金の申請を考えることになるとは思いませんでしたが、あらためてテキストを見るとしんどいです。どう頑張っても今の私には生育歴を書くのはしんどいし、書類集めをする元気もありません。書けたとしてもうまく書けずに不支給となるのがオチです。診断書の代金1万円が消えるだけです。

なのでこれは社労士さんにおまかせしよう..と思い、県内の社労士事務所を探したところ障害年金に強い事務所を発見。支給決定率95%!とか書いてありました。内心「不支給の5%に私が入ってしまうかもしれない...」と半泣きになりながらメールを送りました。するとすぐに返信が来ました。私の場合、やっぱり申請は可能っぽいので以前かかっていた病院にカルテが残っているか確認してほしい(初診証明のための通院状況等証明書が必要なのだと思いますが、既にこの病院に通院しなくなってから6年弱が経過していてもしかするとカルテが無いかもしれないのでその確認)ということと、現在の主治医に診断書を書いてもらえるか聞いてほしいとのことでした。

メールの返信が来た後、初診の病院に電話をしてカルテの有無の確認をお願いしました。たった数分の電話で10回は「カルテは5年で破棄」と言われましたが、確認後電話を貰えることに。でも、まだ電話はありません...。(そろそろ2週間)

一応カルテが無くても手元に当時の診察券(しかも初診日が書かれている)と当時のお薬手帳、初診日の翌年度に健康保険組合から送られてきた医療費のお知らせ(病院名と日付と支払額が書かれている)があるので最悪カルテがなければこれで代用もできそうです。診断書の件は先生に相談することに。

通院

病院がお盆休みで通常2週間に1回の通院なのですが3週間になってしまい、今月初の通院日でした。毎日死にたい消えたい楽になりたいで動けず、睡眠時間は15時間とかそれ以上のときも多々あります。
今回も待合室ではボロ泣き、診察室でもボロ泣き、病院の電話が鳴ると今にも戻しそうな体調です。先生には沢山お話を聞いてもらい、診断書は社労士さんと私が相談した後で書いてもらえることになりました。薬はストラテラの容量が増えて、あと私がPTSDの神田橋処方(四物湯と桂枝加芍薬湯)を朝だけではなくて朝夜の2回飲みたいとお願いしたらそうなりました。今回はお金がなかったので増やしませんでしたが、今後は抑うつの方もどうにかするためにSSRI系のお薬も増えそうです。先生的にはお薬はあまり増やしたくない、でも抑うつもどうにかしたいというところで悩まれていました。。先生も大変です。。ごめんなさい。。

今後

診断書を書いてもらえるかどうかはずっと心配でした。先生は嫌な顔をせずにOKを出してくれたので一安心です。あとはカルテの有無がはっきりすれば社労士さんに相談することが出来るのですが...。いつ電話が来るのだろう...。というか、申請できたとして、支給されるのでしょうか・・・。診断書の支払いも考えないと。。