ヌル's site

誰かのお役に立つ情報。

過眠で困っているので病院に行ってみた。#2 総合病院の精神科へ行った話

スポンサーリンク

f:id:Null3:20190320202837j:plain

皆様こんにちは。
前回小さな内科の病院に行ってから約2ヶ月が経過しました。

www.null3-blog.com

 頂いたアセトアミノフェンという薬はとくに眠気にも頭痛にも効かず、もう一度くらい行ってみようかと思っていたのですがお爺ちゃん先生なので受付を早めに切り上げてしまう事が多く、行っても受付が終わっていたりでこの病院にかかることは断念しました。

このまま過眠を放置するわけにも行かず、かと言って私の住んでいる街は田舎なので睡眠外来のある病院はかなり遠く、それから仕事でのミスの多さにもうんざりしていてそれが原因でメンタルの状態が落ち続けているため、紹介状の1枚でも書いてくれるだろうと期待して今回は地元の外れにある総合病院の精神科へ行ってみました。
読むのが面倒な人に向けて結果だけ言うと紹介状は書いてもらえませんでした。残念。

総合病院の精神科へ

自宅から約10キロほど離れた場所にある総合病院に来てみました。精神科にしては珍しく初診でも再診でも予約制ではないため待合室はいっぱいいっぱい。田舎だからか患者さんの大半は高齢者でした。また、あまり調べずに行きましたが今回見てくれた先生は県内の大学病院から来ている先生で認知症に強いらしく、その影響もあってか尚の事高齢者ばかりでした。なんか待合室で知らないおばあちゃんが孫と勘違いして飴をくれましたがまだ食べていません。
初診なので問診票に困っている症状と簡単な家族・生育歴等を書きます。こうして書くと我が家は問題ばかりですね...。
今回は日中の眠気と頭痛、それから忘れ物とか仕事のミスが多いことを書きました。後者に関しては昔からADHDっぽさがあって気になっていたので、精神科だし丁度良い...と思って書きました。私にとっては7年とか8年ぶりくらいの精神科です。

診察

患者さんの数が多すぎて診察まで約2時間待ちました。さすが精神科です。
先生からまず眠気のことや忘れ物とミスの多さのことを色々質問されたので答えます。生育歴と、あと仕事のことと学校のことも聞かれました。心理学を学んでいることを離したら「○○(用語)は自分に当てはまると思う?」みたいに聞いてくれて、3年間心理学をやってきて初めて知識が活きた感じがしました...。
精神科の診察時間としては驚きですが20分(!)も話を聞いてくれて最終的に「ここで診断は出来ないけど何らかの過眠症でしょう。忘れ物やミスはADHDの可能性が高いです。でもテストはやっていないから、どちらの症状に関しても別の病院を探してもらうしか無いです。」とのことでした。ちなみに過眠症の何割かの人はADHDを併発しているとも教えてくれました。何割かは忘れてしまいました

で、紹介状を書いてくれるのかと思いましたが「過眠症を診てくれる病院は知らないから紹介状は書けない。ネットで睡眠外来のある病院(若しくは過眠症を診てくれる病院)と、ADHDの診断をしてくれる病院を自分で調べて行って」と言われ「あれ...さっきまでの優しい感じはどこに行ったんだ...私もそんな病院知らないから来たんだけども....」となりましたが無理だと言うものは無理なのでしょう。
せっかく総合病院に行きましたが今回も特に進展せず。です。お金だけが消えていく。。

過眠とADHDを診てくれる病院探しと初診予約

紹介状は書いてもらえませんでしたが一応先生が「○○(他県の地名)に過眠症とADHDを診てくれる病院があったような気がするから探してみて。無かったら都内に出ちゃったほうが早いよ」と言っていたので他県の病院をググってみると確かに存在しました。今まで調べたことのない範囲だったのでこんなところにあったのかと拍子抜けしました。どうやら自宅から車で片道60キロ・1時間30分で着くようなのでそんなに遠くないようです。
初診も再診も完全予約制なので早速電話をかけると4月と5月の初診予約がいっぱいで予約そのものをストップしているからまた4月になったら電話してねとのことでした。一応都内の睡眠外来のある病院にも電話をしてみたのですが同じく予約がいっぱいで予約出来ないとのこと・・・。どうやら初診予約はどこも狭き門のようです。

今後について

行こうと思っている病院が4月になったら6月の予約を開始するようなのでそれまで約1週間待機です。
その後は2ヶ月待ちかも....。早めにどうにかしたいです。。でも待つのは仕方ないですね。。

病院にかかるのもお金がかかるので我が家の経済状況はどんどん悪くなっていますが

本日帰宅したら有り難いことにほしいものリストからギフト券が届いていたので有効活用させていただきます。皆様、いつも本当にありがとうございます。将来は頑張って治療してバリバリ働きたいです・・・。