ヌル's site

人生詰んだ(通信制)大学生のブログ

適職が出ない人は死ぬしか無いのか

スポンサーリンク

 過激なタイトルをつけましたが中身は薄っぺらいです。

先日、お仕事を頂いている先から「今月(2月)いっぱいでお仕事を振れなくなっちゃいます。すいません。」という絶対すいませんって思ってないだろ、みたいな連絡を頂いてしまいほぼ仕事をもらう先がここだけだった底辺下請けフリーランスの私はあたふたしています。こういうの、実は何回も経験していて毎回なんとかなっているのですが今回は何ともならなそうな雰囲気なのでいい加減、正社員か契約社員で働ける仕事に就きたいなと、ちょっと思っていました。業種は全く別で。

 自分にはどんなのが適職なのかなと思いネット上で診断できる適職診断をいくつか受けた所「デザイナーや芸術家が~」みたいな結果が出てきました。私はデザイナーでは無いのですがその辺りに近い仕事をしています。つまり今の仕事が適職だそうです。しかし今の仕事、合っていない事はないと思うけど長くは働けないでしょう。仕事があるときは本当に寝れない程忙しくなるし、同業者は若い人ほど辞めるし中年になるとほぼ転職します。何より忙しすぎて体調を崩す人が多いのです。だったら最初から長く働ける会社に勤めたほうが良いでしょう。

 年齢は20代前半なので「まだ何でも出来るだろ」とよく言われますが、接客業は客をイラつかせるようなので向かない、倉庫のバイトは仕事が遅いと言われたのでこれも向かない、基本的に緊張するとすぐミスをするし、それが初めてのことなら尚更で、メモを取ってもメモを取ったことすら忘れるほど緊張してしまうクソみたいな性格です。加えて学歴は通信制高校卒、今は通信制の大学生。性格はメンタルが弱い、人に嫌われやすい。なんか知らないけど派遣に登録したのに紹介もしてくれないくらい嫌われる。もし私が採用担当なら?恐らくこの人材は採らないでしょう。

 画面の向こう側に一定数こんな事を考えている人が居るでしょう。「そういう生き方を選んだのは自分なんだから自分が悪い。私だって~~~」
はい。私が悪いのでしょう。でもこうなりたかった訳では、無いのです。

 ほんと。毎年毎年仕事に左右される人生、とてもキツイ。